advert
宇宙の法則

人を好きになるって奇跡だよね。

宇宙の法則

おはようございます。
恋愛に没頭するタイプでした、キャシーです。

 

今朝ですね、自分のCDを聞いてたんですよ。

オーマイゴッド。過去の自分、恐るべし。

よく、そんなものを人に届けてしまったなーと、こっぱずかしい限りです。

 

「恐れと劣等感」

というCDを以前出しました。

そのおまけCDとして、1、2、3から選べるようにしました。

その1つに「愛をください」という、恋愛の曲と、そのことについてのトーク。

歌はともかく、トークが恥ずかしい内容でした(苦笑)

もう絶対にこの先、このトークを人に届けることはしません!!

 

でも、うちにとっては大事な話でした。

 

前半はこっぱずかしい話だったけど、後半はめっちゃ響く。

恐れと劣等感っていうCDは今までで一番売れなかったCDでした。

でも、うちには、恐れと劣等感というCDは大切な1枚です。

 

人を好きになったことはありますか?

今、好きな人はいますか?

恋愛していますか?

 

なんか、音源聞いてて思ったんですけど、

 

人を好きになるって、すごく奇跡的だなぁーと思いました。

人間的に好きとか、そういうのじゃなくて、恋愛の好きってすごいなーって。

 

人を好きになるって、理屈じゃないっていうか。

どうやって、その人のことを好きになるんでしょうね。

 

なんか、もう遠い昔のように感じるんですよね。

ただただ、恋愛していた頃。

ヘボい自分。苦笑

 

今は、旦那さんが大好きです。

大切な存在です。

なんだろうなー、結婚してるから恋愛しないとは限らないけど、でもうちは恋愛はしないんだろうなって思います。

 

恋愛ってさ、

なんていうか、

こどもっぽいというか、

なんだろう、

愛の中では一番軽いというか、愛の中でも「自分」を中心に回ってるって感じで。

相手より、自分が大切っていうか。

あぁしてほしい、こぅしてほしい、あぁなりたい、こぅなりたい。

必ず自分の欲求が出てくる。

 

愛ってそこから学び始めるのかなって。

恋愛からまず愛を学んで、そこからいろんな愛の世界を学ぶのかなって。

 

いろんな愛の世界を学ぶと、

恋愛という入り口だけに立つことってできないんじゃないかなー。

 

恋愛が愛の世界の入り口だとしたら、

その入り口に辿りつくことって、奇跡だよね。

どうやってそこまで行ったんだろうねって。

 

愛の世界に入ったばっかりのときは、世界は広くて、知らないものばかり。

 

恋愛っていいなー。

しょぼい自分だったけど、なかなか頑張って愛を学んでたんだなーと愛おしく思います。

 

もがいて、必死で、モヤモヤして。

 

なんか、いいなー、恋愛。

奇跡的だな〜と、自分の命に感動した朝です。

 

では。

 

Thanks. Cathy

 

 

追伸

きのう、バレンタインだったからなんでしょうか。

こんな風に感じるのは。。。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました