現在、画像が消えているところを復旧中です。

「今日、何食べる?」という質問は人生の中で最も重要な質問。

「今日、何食べる?」という質問は人生の中で最も重要な質問。

自分の人生自分らしく生きる「自分LIFE」を提唱しています、キャシーです。

 

こんばんは。

最近、つくづく思うんですよ。

 

人生は自分で選べる。

 

ということ。

 

 

そして、自分で選んだ人生の先にあるものこそが幸せな人生なんだと。

自分を大切にするというのは、自分で選択して生きるということ。

今を生きるというのは、選択を自分でするということ。

 

 

質問です。

今日、食べたもの、自分で決めましたか?

他の誰かが決めたものを食べませんでしたか?

他の誰かに合わせたとしても、自分が食べたかったものをしっかり伝えたあとで、話し合った結果今日のごはんになりましたか?

 

うちは、食べたいものを安易には決めません。

だから、レストランに行くとメニューを見てすごく悩みます。

自分で食べたいものを直感的にわかる人は早くていいなーと思いますが、うちはあれもこれも魅力的に見えて、全部食べたいんだけど、自分のキャパてきに1つにしぼらなくてはいけないので、そこを悩んでいます。

そして、その悩む行為が死ぬほど好きです(笑)

 

「今日何食べる?」

誰かと生きてると、この質問と必ず出会います。

 

家族に聞かれることもあるし、友達に言われることもあるし、むしろ自分が言う側の時もあります。

 

うちは、どっちかというともともと「なんでもいいよ」っていうタイプではありませんでした。

うーん、なんにしようかなー、って考える。

それで、浮かんだものを言う。

でも、出てこないと、たまに使ってました「なんでもいいよ」「〇〇が食べたいのでいいよ」というセリフ。

 

 

「なんでもいいよ」使ってませんか?

 

なぜ?

なぜでしょう?

なぜ自分で決めないのでしょう?

 

なぜ?

なぜ?

なぜ?

 

なぜでしょう。

 

考えてみるのはいい機会なので、どうぞ。

 

なぜ「なんでもいいよ」と言っているのでしょうか?

 

なぜ?

なぜ?

なぜ?

 

 

めんどくさい。

わからない。

全部好きだから。

相手が食べたいものが食べたいから。

 

いろいろあると思います。

うちは、ちなみに、考えても思い浮かばない、っていうのがありました。

 

でも、それって、食べたくないのではないでしょうか。

食べたいものが浮かばないってのは、食べたい気持ちがないか、究極にお腹減ってなんでもいいから食べたいつまりエサとして欲している。のどっちかではないかしら。

食べたいものがないなら、食べなければいいし、

今、食べたい気分じゃないことを伝えればいいと思うんです。

お腹が減りすぎて考えられない状態なら、少し何か食べて空腹感を減らして食べたいものをそれから食べたいものを決めてもいいんです。

 

自分が何を食べたいか、自分に聞くこと。

それは、自分の声を聞くことの練習です。

 

うち、ギター弾けるんですけど、最初っから弾けたわけではなく、最初はむしろ全然弾けなかったですからね。

なんでもそうでしょ?

「いいよね、なんでも弾けて。」

って言われることありますけど、それ、練習したからですから。

 

自分ができることって、練習したからじゃないですか?

何度もやってきているから、時間をかけてきたから、辞めなかったから。

そういうもんじゃないですか?

 

自分の人生を自分らしく生きるというのは、自分で生き方を選択するということです。

自分らしく生きることができていない人は、選択ができていません。

 

選択が上手になるには、どうすればいいのか。

それは、もうわかりますよね?

練習なんですよ。

 

じゃあ、その練習ってどうやってするの?

 

っていうと、答えは「今日のごはん何食べる?」につながっています。

 

この毎日ある選択を、自分で決めることです。

なんでもいいよ、と言い続けるのは、選択の練習を放棄しているのと一緒です。

 

自分は今日は何が食べたいのか?

それを考えます。

そして、出た答えを伝えます。

 

最初はこれといったものがなければ、何系がいいなー、とかでもいいから。

少しずつでも、自分でごはんについて選択する。

 

自分が選択すると、相手が合わせてくれる場合と、相手も他のものを言う場合があります。

相手が合わせてくる場合は、それで終了でもいいですし、うちはなるべく相手にも食べたいものを考えてもらうようにはしています。

そして、お互いの食べたいものが出たら、あとは歩み寄る時間。

二人の望みを叶えるためにはどうすればいいのか。

 

たとえ、自分の要求が全部通らなかったとしても、それは自分がこうしたいんだ、ということを伝えたという「行動」にはつながっています。

行動をすることが大事なので、大丈夫です。

そう、なんせ、この問いに答えることが練習なので。

練習すればだんだんうまくなります。

コツを覚えて、自分のやり方ができます。

 

 

自分の人生自分らしく生きる、というのは練習さえすれば誰にでも必ずできます。

 

自分の人生、自分らしく生きたくないですか?

 

自分で食べるもの、自分で決めて、自分LIFEを歩んでいきましょう。

 

 

では。

 

Thanks, Cathy

 

 

追伸

ちなみに今日のうちのお昼ご飯は自分で選択した熊谷名物の「フライ」でした〜♡

 

この投稿をInstagramで見る

 

キャシー(@yoko_ishitani_)がシェアした投稿