広告

仕事について「まずは3年」という言葉で悩んでいる人へ

まずは3年 仕事 02|宇宙の法則

おはようございます。
好きなことを仕事にして生きる、そう決めて仕事してきました、キャシーです。

 

今日は、うちが人生で一度だけ言われた「まずは3年」という言葉について、考えていることを書きます。

 

大手企業の先輩からの言葉でした

19歳の2月〜20歳の1月まで、ディズニーシーで約1年間働いていました。

月曜日〜金曜日週5で働いていました。

それはそれは、仕事とはなんぞやというものを、たくさん学んで最高の経験でした。

辞めた理由は、長期間(1ヶ月以上)の休みをとって宮崎に行きたかったので、仕事は好きでしたが、環境を変えるために辞めました。

 

その時に、うちが辞めることについて残念に思ってくれたトレーナーさんが、話をしてくれました。

 

「1年じゃわからないことっていうのはたくさんあって、まずは3年。

まずは3年働いてみて、わかることや見えてくるものがあるよ。

それは1年では絶対にわからないことだから。」

 

と、辞めることよりも、続けるほうがいいというアドバイスをくれました。

その方は実際、3年働いていて、その人もうちと同じくらいの時期に辞めることになっていました。

いろいろ指導してもらったのはもちろん、人としても素敵な人だったので、そのアドバイスで続けようかと思ったのですが、考えたすえに辞めることにしました。

 

一生懸命働けば、1年で十分

うちは、この時のこの決断、間違っていなかったなと思います。

うちが他の仕事をしてきて、総合的にみて、本当に毎日一生懸命働けば1年で十分です。

一生懸命というのは、働いている時間の長さではなく、意識の問題です。

いかに自分が仕事で学びの姿勢であるかということ。

お金が欲しいから、しゃーなし働くかー、という姿勢では3年かかってでもわかることは少ないです。

 

1年では絶対にわからないもの

と言われましたが、その中に必ずあるだろうものが、今のうちにはわかります。

その会社でどうやればうまくやっていけるか、ということです。

そして、それがわかったら、うまくいくようにやるかどうかを自分で決断します。

うまくやっていくために自分が我慢することも多くなるはず。

そんなもの3年で手に入れてなんになるんだ、とうちは思います。

うちは、死んだように生きるくらいなら、死んだ方がましです。

 

直感を信じて生きる

うちは長期間宮崎に行く時間が欲しかった。

それはうちの心が何かのタイミングで感じたことで、理由はありません。

その直感を信じて行動しました。

仕事も楽しかったし、仕事の覚えもよかったせいか、いろんなことをさせてもらいました。

気持ちはかなり揺れたのですが、「行きたい」という気持ちにフタをしてまでココにいて後悔しないだろうか?

この頃あたりから、うちは仕事を変えるときには、そうやっていつも自分に問いかけてきました。

直感に従わずに生きていくと、直感力はどんどん鈍っていきます。

理由なんてなくていい、考えなくていいんです。

したいことがあるなら、今の環境が変わるとしても、行動しましょ。

 

3年働く=5760時間

働く時間を計算します。

1日8時間で月20日、8×20=160時間。

1ヶ月160時間で1年間続けると、160×12=1920時間。

 

今回は、3年間働くという話なので、

3年働くというのは、

1年で1920時間で3年続けると、1920×3=5760時間。

 

自分の苦手なことを想像してください。

それを5760時間するって、めちゃストレスじゃないですか?

 

今度は逆に、

自分の好きなことを想像してください。

それを5760時間するって、めちゃニヤニヤしませんか?

 

5760時間って、相当ありますよね。

うちはフットサルが好きで、それだいたい2時間ですけど、2880回できますからね。

 

時間って、お金を出しても買うことができない、自分のもっている最高の財産です。

その財産をどう使うかは自由です。

 

「まずは5,760時間」と言われて、やりたいことを我慢して生きるのか。

それとも、5,760時間、自分のしたいことをする時間にするのか。

 

ちなみにうちは、1年働いたあとの選択だったので、

1年と3年働く差が2年分。

5,760時間ー1,920時間=3.840時間

3,840時間を自分のしたいことをする時間に使うことができました。

 

まとめ

まずは3年という言葉を知ってから、その後働いたところを辞めるときに、いつもひっかかっていました。

あー、自分はダメなんじゃないかって。

でも、そんなことはないです。

 

さっきも書いたけど、時間は自分の財産です。

自分の財産をどう使おうが、それは自由。

人にとやかく言われる筋合いはないんです。

 

「3年働くからこそ得るものがあるんだ」と思って生きている人は、その通りの人生になります。

それはそれでいいと思います。

生きている人の数だけ道はある。

 

うちは32才、ここまで歩いてきて思う。

まずは3年なんていうほど、人生はヒマじゃない。

 

アドバイスというのはありがたいです。

でも、誰かの意見を鵜呑みにして、人生歩きたくない。

アドバイスは参考にはさせてもらっても、それを自分で考えることが大切。

一つ一つ、そうやっていけば、必ず自分の道を歩いていけます。

 

仕事について、すごくいろいろ考えてきました。

きっと、いろんな人がそうだと思うけどね。

でも多分、うちは、直感にしたがって生きてきた方。

だからこその摩擦もいっぱいあって、そこから自分で答えを見つけてきた。

 

また、仕事についてのことも書いていきます。

 

読んでくれて、どうもありがとう。

Thanks, Cathy

 

追伸

あ、ちなみに、

20才〜60才まで働くとして、40年間。

1日8時間で月20日、8×20=160時間。

1ヶ月160時間、1年間続けると、1920時間。

1年で1920時間、40年続けると、76,800時間。

 

計算してたら、意味なかったけど、これも時間出たので、メモとしてここに残しておきます。


働き方っていろいろあるからね。

 

・リゾートバイトって知ってる?

住み込みで日本のいろんなところで働けるんだよ。

知らない人は、どんなものかぜひ知ってね。

リンク▶︎▶︎▶︎リゾートバイトならリゾバ.com

 

・ワーキングホリデーって知ってる?

海外の文化を学びながら、海外で働くことができるんだよ。

知らない人は、まずは知ってね。

自分で1から調べて行くこともできるし、サポートしてくれる会社を通して行くこともできるよ。

リンク▶︎▶︎▶︎【0円留学】国内ワーホリ経由≫海外留学行き|留学貯金0円&英語力0の留学希望者を徹底サポートするのが「Global Dive」です。

この会社を使ったわけじゃないけど、うちもワーキングホリデーしたよ。
※もう今はその会社がないので、ここにリンク載せられないので、違う会社を載せてます

コメント

タイトルとURLをコピーしました