advert
グルテンフリー

私がグルテンフリーを始めたきっかけ

グルテンフリー きっかけ グルテンフリー

「なんでグルテンフリーしてるの?」
「やってみる前はどんな気持ちだった?」
「やってみようと思ったきっかけを知りたい」

キャシー
キャシー

こんにちは、キャシーです。グルテンフリー生活をして健康な体で生活できるようになりました。今回は私がグルテンフリーを始めようとおもったきっかけをお話しします。

グルテンフリーを始める前って、大丈夫かな?私にもできるのか?と不安になりますよね。

私も不安がいっぱいありました。しかし、2週間達成して、体質改善をすることができました。

「同じように思っていたキャシーができたんだから、私もチャレンジしてみよう!」とこの記事を読んで1歩踏み出してみてください!

グルテンフリーを知る

母と遊んだときのことです。コメダにお茶しに行って、いろいろいお互いの近況報告などをしていました。

私は4月末から体調を崩し、5月はしんどい時間が長かったことを話しました。

その時に、母が教えてくれたのが「グルテンフリー」の話でした。しかも2週間その生活をすることで、体がリセットできるらしい。とのことでした。

健康な体が欲しい気持ちが強かった私は、この話にとても興味がわきました。

私を作っているもの

「食生活と生活リズムとあなたの思考があなたを作っている」

と、母は言っていました。私がいつもどこか痛くて体調不良になるのは、この3つが関係していて、この3つを整えればもしかしたら健康な体が手に入るのかもしれない。

ただ、母は帰り際に言いました。

「やらなくてもいいんだよ、決めるのはあなただから。」

そっか、やらなくてもいいもんな。そうなんです、これを読んでくれているあなたも、別にやる必要というのはなくて、自分でそれを決めることはできます。

だからこそ私は、家に帰って一人でじっくり考えてみました。

本当はどうしたいの?

「本当に私はグルテンフリー生活をしたいのか?」

家に帰って自分自身に問いをなげかけました。

小麦のない生活をするって、私にできるの?大好きなラーメンも、毎朝食べてるパンも食べないで生活するんだよ。

そういうのは「やらない理由」でした。できないかもしれないという恐れからの声。

本当はどうしたいの?と聞くと、答えは「やってみたい」でした。

「健康な体が欲しい、そのためには今はなんだっていい、希望があるならやりたい!」

やった人の話を読んだ

グルテンフリーに興味を改めて持った私は、ネットでグルテンフリーについて調べました。

すると、経験者の方の話がいろいろと出てきました。

人によってやっている度合いも違ったし、効果も違うようでしたが、それぞれの方が何かしら効果がある感じでした。

人によって体の悩みが違うから、その視点で書いているんだろうなと思いながら、いろいろ記事を読んでいるうちに、自分が試してみたらどんな風に効果があるのか気になりだしました。

始める前の体質

始める前の体質

  • 体が疲れやすい
  • 疲れがとれない
  • いつもどこか痛い
  • 体力がない
  • 階段で息が切れる
  • 歩くのが遅い
  • 姿勢が悪い
  • 肩こりになりやすい
  • 熱中症になりやすい
  • PMS(月経前症候群)
  • 寝つきが悪い、不眠症
  • 便秘気味
  • 治りが遅い

このうちの何かが日々体に起こるので、健康な体とはいえませんでした。

読書が好きなので、本を読むことで心は健康状態だったと思いますが、体はまったく意識していませんでした。年齢も35歳になったことが関係しているのかなとも思いました。

とにかく、健康な体がほしい。元気になって自分がやりたいこと思いっきりやりたい!

これが、グルテンフリー生活をする前の私です。

始める前の食生活

始める前の食生活

  • 1食目
    トーストやホットサンド、ホットケーキなど
  • 2食目
    ごはんと副菜、またはパスタ、カレー、外食など
  • 3食目
    ラーメンやパスタ、うどん
  • 間食
    ポテチ、クッキー、チョコ、

ざっくり書くと、こんな感じです。

実際にはもちろん野菜などのサラダを食べたりすることもありますけど、基本的にはこんな感じでした。

1食目は、ほぼパン。パンは小麦なのでグルテン。バターも塗ってたので乳製品なのでカゼイン。チーズ使うこともありましたから、それもカゼインです。

2食目は、ごはんやパスタ。ごはんのおかずで好きなものは餃子。餃子の皮は小麦粉なのでグルテン。パスタの場合も小麦なのでグルテン。カレーもよく作りましたけど、ルウには小麦粉が使われているので、グルテン。

3食目は、ラーメンやパスタ。私はらーめんがとにかく好きで、袋麺やカップ麺を常備していました。冷凍パスタ、冷凍うどんも常備品でした。とにかく麺が好き。麺は小麦なのでグルテン。

間食は、ポテチやクッキーが好きでした。ポテチは塩の場合はグルテンは入っていませんが、コンソメになると醤油が使われていて醤油には小麦が入っています。クッキーは小麦なのでグルテン、チョコは乳が入っているのでカゼイン。

といった具合に、私の食生活は基本的に3色グルテンやカゼインを摂取していました。

これを抜きにする生活なんてできるんだろうか

とすごく思いました。こんなにも小麦を食べている生活なのに。。。

しかし、2週間という期間限定チャレンジということも考えると、そこだけ耐え抜けばいいならできるかもしれない!とも思いました。

一生するわけじゃないし!

実験だと思うことにした!

そして、私が思ったのは、「実験」でした。

これだけ今体の状態が悪いのなら、どれだけ効果がでるかわかるのではないか?って思ったんです。

いいデータをとることができるかもしれないし、私の悩みがもし改善されれば、同じように悩みを持つ人も解決できるようになるかもしれない!

実験と考えるとわくわくしてきました。

私は統計データを取るのが好きな性格で、理科の実験なども大好きでした。

実験なら得意だし、好きだ!

実験は失敗することもある、というのもわかってましたし、そう思うと気も楽になりました。

グルテンフリー生活にチャレンジすることで、何かしら自分の体のデータをとることができそうだ!

これが、「グルテンフリー生活にチャレンジするぞ!」という最終的な決断に繋がりました。

気になるならやってみよう!

とにかく、気になってみたなら、やってみることです!

できない理由をあげてしまう気持ちはわかります。それは続けられなかったときのショックや、自分には効果がでないかもしれないという不安があるからです。

不安があるなら、紙に書き出して、やぶって捨ててください。

そして、そのあとに「本当はどうしたいの?」と自分に問いかけてみてください。

3食グルテンを取っていた私が、2週間しっかり続けることができたんだから、今悩んでいる方もきっとできるはず!

2週間続けられたコツや、始める前に用意しておいた方がいいものなど、その内容もブログに書いてまとめていきます。

書いたらまたお知らせしますので、ブログをブックマークして待っててください(^^)

それではヾ(。・ω・。)

Thanks, Cathy

コメント

タイトルとURLをコピーしました