広告

好きだった先生について特徴を書き出す

好きだった先生 未分類

こんにちは。
学校は割と好きな方だったと思います、キャシーです。

 

今日は、うちが好きだった学校の先生のことについて書きます。

なんで書こうと思ったかというと、ただ単に、ふと思ったんですよね。

好きだった先生の特徴をまとめてみよう、って。

 

では、幼稚園生の時から高校まで書きまーす(・∀・*)/

 

やさしくてかわいい M先生

幼稚園の年長さんの時に担任してもらいました。女の先生。

とても優しい先生でした。

笑顔が柔らかかった。

ロングヘアーを片方に三つ編みにしていることが多かった。

小学校高学年まで年賀状のやりとりしてた。

 

高校で保育科の学校に通って思ったんだけど、

先生っていっても、若いんだよね。

幼稚園の先生って、悩みも多いし、普通の1人の人間。

でも、幼稚園生の時は、そんなことも感じなくて、めっちゃ大好きだった。

幼稚園に行くの楽しかった。

 

 

生徒にも保護者にも大人気! O先生

小学校2年生の時に担任してもらいました。女の先生。

参観日のあとの懇談会が人気の先生だった。

ショートカットで元気はつらつ。

先生がよかったからなのか、友達も好きになった。

この先生はとにかくめちゃ元気だった。

あと、給食でごはんが残る時が多くて、

全員に配布したあとに残っているごはんは、先生がおにぎりにしてくれて人気だった。

そのため、クラスのごはんはほとんど残る日はなかった。

 

 

竹を割ったような S先生

小学校4年生の時に担任してもらいました。女の先生。

この先生はめちゃくちゃ好きだった。

特に人気のある先生とかではなかったんだけど、なぜか好きだった。

(ちなみに2年生の時の先生は大人気)

 

この先生、なんか、いっつも早足で歩いてたイメージ(笑)

元気もあって、いっつも笑顔だった。

言葉遣いがなんかちょっと雑で、先生っぽくなかったのも好きだったのかも。

 

このころ、学級文庫にあった「スケートをはいた馬」という本がすごくおもしろかった。

それも今思えば、先生チョイスなわけで、してやられた感(笑)

 

よく笑う先生だった。

わっはっはって感じ。

女の先生だけど、めっちゃサバサバしてた。

 

キレイとか、かわいい、とかそういう顔立ちでもなく、

どっちかというとサルっぽい感じだった。

 

でも、とにかくめっちゃ好きだった。

今まで出会った先生に生まれ変わるとしたら誰がいい?と聞かれたら、この先生。

 

 

自分の好きを発信しまくっていた M先生

小学校5年生の時に担任してもらいました。

はじめて男の先生でした。

 

この先生、確か半年くらいだけで、後半は2年の時のO先生に変わった。

なんでも、数学の研究の方のなにかに行くことになって、学校の先生じゃなくなるとかだった。

 

M先生の算数の授業はめちゃくちゃおもしろかった記憶がある。

どういう内容だったかはわからないけど、楽しかった。

だから、数学の専門の方に行くこともなんか子供ながらに納得した。

 

この先生がくそほどサッカーが大好きで、

休み時間は年中みんなでサッカーしてた。

クラス全員サッカー好きになったんじゃないか!?

というくらい、影響力がはんぱなかった。

うちは、翌年、少女サッカークラブに友達と3人で入団したからね。

 

そして、この先生とは再会する。

うちが高校生の時、アルバイトしていたラーメン屋さんに家族4人で来たの。

うちもようわかったな、だいぶたってたのに。。。

名前を明かさなかったのに、先生は名前で呼んでくれたので、思い出してくれたんだと思う。

すげーな、こっちは小学生からだいぶ変わってるんじゃないか?

そちらは大人から大人の成長だから、全然見た目わかるけど。

 

いやー、この先生もいっつも元気だったなー。

 

 

さわやか☆ I先生

男の先生だった。

細くて、背が高くて、メガネをかけてた。

自分が転校したので1学期だけだったけど。

この先生もめっちゃ好きだった。

何がといわれると、よくわからないんだけど。

 

あー、でも、今思うと、すごく認めてくれる先生だったような。

否定はせず、肯定したり、話を真剣に聞いてくれる。

 

優しくてめった怒らなかったけど、怒るときもあった。

 

なんか笑顔がめちゃ素敵だった記憶。

 

プライバシーを守ってくれる Y先生

中学2年生の時担任してもらいました。女の先生。

英語の先生でもあって、1年〜3年まで関わった。

1年生のときからめっちゃ好きで、2年で担任になってもらえてすごい嬉しかった。

めちゃくちゃ優しくて、絶対怒らなかった。

喋り方もやわらかくて、ふんわりしていた。

学年の先生の中では、結構年齢が上ん先生だった。

だけど、いろんな人に「かわいい」と本気で言われてたり、からかわれてたりしてた。

 

この頃、うちは、家庭の事情がいろいろあった。

先生はプライバシーをすごく気にしてくれて、大切な話はこっそりしてくれたのもありがたかった。

 

高校、社会人になっても、文通をしていた。

頻繁ではないんだけど、うちがふと思ったときに、手紙を書いていた。

それに必ず返事をくれた。

 

生徒をえこひいきしない Y先生

高校3年間担任してもらいました。女の先生。

うちのクラスで先生のこと好きじゃない人多分いないんじゃないかな。

というくらい、素晴らしい先生だったと思う。

 

「〇〇さんっ!また〜してっ!」

と、しょっちゅう怒ってた(笑)

 

うちがこの先生の中で一番好きだったのは、

全ての生徒を「さん付け」で呼ぶことだった。

 

先生によっては、仲良くなった生徒をあだ名で呼ぶ人も多かった。

そういうのがうちはイヤだった。

好かれて呼んでもらっているときも、逆にそっち側じゃない時も。

「先生なのに不平等に接していいのかよ」

っていう思いがあったんだと思う。

 

先生って、うちのイメージだと、苗字の呼び捨てが多いイメージがあった。

いや、やさしーーーい感じの先生は、さん付けだったりもするんだけど、

元気な先生って、ほんと呼び捨てなの。

 

でも、Y先生は、元気で明るいけど、全員さん付けだった。

しかも3年間。

 

クラスの担任3年間も一緒で、変わることなく、ずっとさん付けしていたことがめちゃ尊敬した。

 

学期末になると、手作りお菓子を人数分作ってくれて、配ってくれた。

その時はまだまだすごさがわからなかったけど、今思うと、ちょーすげー。

 

卒業のときには、1人ずつ「ビデオテープ」をくれた。

その中身は、自分がメインで映っている映像をまとめていてくれた。

 

卒業後に先生に会いに行ったこともある。

あと、先生をあこがれ先生に誘って一緒に行ったこともある。

友達の結婚式で会って話すのも楽しかった。

 

なんというか、この先生はいつ会っても変わらなかった。

誰に対しても、時が流れても、不変だというところがかっこよくて好きだ。

 

 

まとめ

うちが好きだった先生に多く共通していることは、

「元気」「笑顔」

 

うちが好きだった先生は、

「担任の先生、あの先生がいいなー」

と、みんなが思うような先生もいれば、そう言われていなかった先生もいます。

 

ただ、うちの中では大好きな人です。

 

学校って、毎日行くところ。

担任の先生には毎日あうわけで、

そんな先生が、元気だった、それってすごく大きいと思う。

 

うちが学校を好きだった理由の一つに、

いい先生に恵まれたことだと、本当に思います。

 

以上です!

 

Thanks, Cathy

 

 

追伸

中学3年生の進路決める大事な、その時の担任の先生だけは、ほんとにスーパー嫌いでした。

幼稚園〜高校の中で唯一嫌いだった先生。

その先生はやはり、笑顔や、笑う時間がとても少なかったです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました