広告

5年前のキャシーについて語る/fromスタートライン

06|最近のキャシー

こんばんは。
続きを書いてます、キャシーです。
スタートラインの言葉、
「5年後の自分を舐めるなよ」
ということで、5年前のうちのことについて別でブログ書くことにしました。
写真が多かったので、あっちに一緒に載せるとながくなっていやだなと思ったので。
 
5年前のうちは、フットサルブランドをクローズした頃です。
フットサルブランドクローズと共に、一緒にやっていたフットサルメンバーとも連絡取れなくなりました。
夢破れ、やる気もなかったうちを食事に誘ってくれたり、ギター一緒に弾いてくれたり、鍋PARTYやってくれた友達がいました。

うちとフットサルしてくれるそんな友達がまだいてくれて、
それがチームとなりました。
でも、今はうちは宮崎にいないわけで、この時のメンバーはまた新しいチームとして生まれ変わって活動しています。
うちにはできなかったような活動もしていて、誇りに思っています。
ほんとにブランドをクローズしたときは、苦しくて、なにげなく会ってくれる友達が心からありがたかったです。この時ほど人のやさしさを感じたことはないんじゃないかな。ほんとにあったかかったです。
そして、そんな仲間のおかげで元気になれたから、
イベントにも参加できた。

全財産5000円払って参加した日本一のランチ会。
 
ここから広がった交友関係、海超え山超えとなっていきました。
日本一のランチ会に参加したことで、フェイスブックも頻繁にやるようになった。
ブランドクローズしてから始めたフェイスブック。
そっか、フェイスブック始めたのも5年くらい前からなんだな。
ゆっきーには、今でもいろんなことを教えてもらっていて、この時のご縁のおかげです。
なつかしいな。
 
そして、このランチ会で出会ったから、始まった筆文字。

上の文字が何も習っていない状態で、
下の文字が筆文字1時間後に書いたもの。
「人はたった1時間で変われるんだ」
そうやって教えてくれたのが、
 

たまちゃんでした。
この時は、3人で筆文字を習いました。
 
うちがたまちゃんの筆文字の中で気に入ったものを真似して書いたのが、

これでした。
最初はこの量を書くだけでも、すごく大変だった。
お手本見ながら一生懸命真似して書いてた。
 
あの時習い始めたから、スコアも筆文字で書くようになった。
人生って何が起こるかほんとにわからない。
 
そして、うちは、夢を筆文字で書いていた。

この時からだ、意識するようになった。
喜多川さんとの対談。
この1年後に夢が叶う。
 
 
2回目の筆文字講習で出会ったのがこの人。

ロミー。
このブログにも何回も登場しているロミー。
すてきな考えを持っていきていて尊敬しています。
すごいんだけど、でも、人間っぽくて好き。そして天然(笑)
 
筆文字練習会したんだよ、会ったこともない知らない人と。

家にお邪魔して3人でやりました。
おもてなしのお手本はこの人。

やっちゃん。
今日もメッセージのやりとりしました(笑)
出会ったのがちょうど5年前の4月。
そんなにたったのかー、そんだけなのかー、どっちも感じます。
 
そして、

らぶはぴで消しゴムハンコも作った〜。
真ん中バースデーもしたしね。
まゆりんに愛を教えてもらった。
めちゃくちゃ「らぶはぴ」が好きになって、居心地のいい場所ができた。
もうなくなっちゃったけど、らぶはぴがなくなるなんて思いもしなかったな。
 

今はサムカナとして活動しているユウヤ。
この時はまだ一人だった。
都城までライブ聞きに行ってた。
楽しそうに演奏するユウヤにいっぱい刺激をうけた。
イエス、うちの師匠。
 

埼玉のフットサルチーム、オイオイ。
チーム内で、「ジェネレーションカップ」というものをやろうと言いだしてみた!
20代、30代前半、それ以上。
の3チームでガチ試合。
別に、大会参加せんくても、チーム内でできるんじゃない?
と思って、キャップに相談してやらせてもらった。
オイオイがどんどん好きになったのもこの頃からかもなー。
 

筆文字習って3ヶ月、今度は人に教え始めました(笑)
さすがうちだな〜。愚直だ!(笑)
 
たまファミが増えてって、

たまちゃん合宿もやった。
非常に大変でした(笑)
でも、経験はうちの力になりました!
あの時はまじでがむしゃらだった〜。
夜中にまゆりん、ろみー、きよちゃんと語った〜。
 

ロミーに築山を教えてもらった。
最高にすてきな場所で、一瞬で好きになった。
一目惚れ?かしら。
築山とも5年のお付き合いだったのか〜。
 

初めてのライブをしたのも、5年前だ。
まゆりんがたくさんの人に声をかけてくれて主催してくれた。
大好きならぶはぴで。。。
もうほんとらぶはぴは思い出の場所で、うちの背中を押してくれた場所だから、書いてて泣ける。
自分がライブをして、人が聞いてくれてるなんて、ほんとにありがたい。
そっか、5年か〜。
 

こうちゃんトトロ。
めちゃくちゃかわいくて、感激だった。
イエス、こうちゃん師匠。
この頃はまだ会ったこともなくて、憧れてた〜!(今は!?w)
 

初めて小冊子も作ってみた。
たくさん作って配った。
自分の書いたものを配るのも、これがスタートだった気がする。
 

埼玉凱旋ライブ。
この写真にいる人が、埼玉でのうちの活動のスタートの背中を押してくれた。
会ったことない人が、会いたいって言ってくれる人が増えてきたのもこの頃だった。
 

オシャレもしてたなー。
いや、今もしてるけど(笑)
なんていうか、ほんとに服のアイテム数がめちゃくちゃあって、それはそれで楽しかったけど、必要以上に物を持ちすぎていたわー。
そして、写真撮ってるこの家ももう。。。
宮崎のおとんももうここに住んでないからなー。
場所っていつまでもそこにあるものではないんよね。
 

カワランチもやってた時期。
ほんとになんでもかんでもやってたなー。
めっちゃさむくても、みんなでいればあったかかった。
 
 
5年前。
うちは、なんつーか、必死だったなー。
いい意味でも、悪い意味でも。
 
今はなんていうか、余裕。(笑)
 
大きく変わったのは、まずのんびりするようになった。
いや、5年前も遅刻はしてたんだけど。。。(笑)
 
なんだろうな、ゆっくり生きたいってこの頃から学んだのかな。
わーわーやるのもいんだけど、まったりがいいなって思う。
 
これ書いてて、
ほんと、ブランドクローズしたときの、人生終わった感。
やばかったわ。
その時の人の優しさがまじ心にしみた。
マサ、食事に誘ってくれてどうもありがとう。
さるちゃん、鍋やろうって言ってくれてありがとう、集まってくれたみんなありがとう。
ゆうちゃん、ギターもフットサルも一緒にしてくれてどうもありがとう。
みわちゃん、ようこちん、サトル、ボルテックスが会った時よりもすごい仲良くなれた気がする。
あの時一緒にフットサルしてくれたこと、ほんとに感謝しています。
 
5年前、うち、こんな幸せな人生がくるとは思わなかった。
うちが誰かの役に立つなんて思わなかった。
連絡取れなくて会えなかった友達と、会えるようになって、その人と結婚するとは思わなかった。
っていうか結婚すると思ってなかった。
ブログをこんな風に一から自分で作ってやるようになるなんて、想像できなかった。
お金のこと、こんなに悩まなくなるなんて想像できなかった。
自分に自信がこんなにつくようになったなんて、昔のうちに教えてあげたいことは山ほどある。
 
5年の中で、
小さな自信をいっぱいもらったんだ。
 
そこにある幸せに気づけるようになったんだ。
 
ないものを探していた人生を終えて、
あるものに感謝する人生に変わった。
 
あぁ、なんていい人生なんだ。
 
ありがとう。
ありがとうみんな。
 
まじでスーパー感謝。
 
どうもありがとう。
 
Thanks, Cathy

コメント

  1. […] 関連記事:5年前のキャシーについて語る/fromスタートライン […]

タイトルとURLをコピーしました