自己紹介「はじめまして」
advert
02|宇宙の法則

人は人に傷つけられて、人は人に支えられている。

こんにちは、自分の人生を生きるで溢れる社会をつくります、キャシーです。

 

今日は、さっきコーヒーを家で飲んでいるときに、ふと思ったことを書きます。

 

私は家でコーヒーを飲む時間がとても好きです。

好きなコーヒー豆を買ってきて、家で電動ミルで挽いて、ハンドドリップして飲んでいます。

(旦那さんがコーヒーを担当してくれています)

 

インスタントで楽しんでいた私が、なぜ今はミルで豆を挽くまでになったのか。

 

それは、とあるコーヒー屋さんの影響なんです。

 

小学生の頃からコーヒーのことには興味があったし、

お店も開きたいなーとは思っていました。

 

でも、コーヒーを飲む時の道具にこだわるようになったのは、とあるコーヒー屋さんの影響なんです。

 

今、こうやって、毎日幸せを感じながら豊かにコーヒーを飲める時間を作れているのは、その人のおかげなんだなーと思ったんです。

 

「コーヒー廣」

 

大阪にいたときに見つけたお店で、

「JR玉造駅」から徒歩3分くらいのところにあります。

 

私は宮崎生まれ、埼玉の田舎育ち。

結婚して、大阪という大都会で暮らして、人の多さに疲れていました。

 

大阪は楽しいところではありますが、

人口密度が高いというだけで、いろんな不便がありました。

 

そんな大阪時代に見つけたお店が「コーヒー廣」でした。

 

店内にはいつも生のバラが活けてありました。

バラっていうお花が安くないことは私も知ってますし、

でもお店に活けてあるお花はいつもバラのお花でした。

 

ささいなことだけど、

マスターが空間を大切にしているということが、

私には伝わってきました。

 

コーヒーは抜群に美味しくて、

とても幸せな気分にさせてくれる味でした。

 

コーヒーのメニューも豊富で、シングルの豆の種類がメニューに載っていて、通って全種類飲みました!

 

この器で飲む楽しさもあって、素敵な器だなと思って、値段調べちゃったんですけどものすごい金額でして、そういう器に力を入れている姿勢も好きなお店でした。

 

私は、コーヒー廣の空間が好きで、コーヒーの味も好きで、大好きなお店でした。

マスターと会話は注文以外したことはなかったのですが、

大阪を離れるときに、最後お店に行って、一緒に写真を撮ってもらいました。

 

尊敬している人の一人です。

 

コーヒー廣のマスターがお店をしてくれているから、

私はそこへ行って、癒されることができました。

 

私はコーヒー廣のマスターに支えてもらったんだな、

って今日改めて思ったんですよね。

 

しかも、その空気にふれていたおかげで、

コーヒーの道具にこだわる豊かさを知って、

今の私の暮らしがあります。

 

だから、今も、なんだか支えてもらっているような気がしたんです。

 

生きてる限りは、人とのつながりがあって、その中で傷つくこともあります。

人といる時間で自分が疲れてしまうこともあります。

 

でも、それを癒してくれるのも、元気をくれるのも、また人なんだなと。

 

人という字は支え合ってできている

とはよく聞く言葉ですけど、

あー、支えてもらうってそういうことなのかな、

って今日ふと思ったんですよね。

 

人と人の間で生きていくから人間。

 

 

私を支えてくれている全ての方に感謝しながら、

これから改めて生きていきたいです。

 

いつもありがとう。

 

Tnanks, Cathy

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました