広告

中高英語嫌いだった私が英語が好きになったわけ

英語が好きになったわけ 未分類

こんにちは、自分LIFEやってます、キャシーです。

 

今日は、私の英語環境について書きます。

 

私は英語を学ぶのが好きだし、英会話を楽しんでします。

でも、以前は英語なんて大っ嫌いでした。

 

私は、中学生で英語の授業が始まりました。

最初、アルファベットを書くのは楽しかったのですが、

その後の文法に入り出して、すぐに嫌いになりました。

 

その時、私が思ったことは、

「海外になんて行かないから、英語なんてできなくていいや。私は一生日本にいる。」

そう思って、授業がわからなくても気にしない、とりあえずテスト勉強だけして、その時だけ対応するっていう感じで学んでいました。

なので、中学卒業するときも、さっぱり英語わかりませんでした。

 

高校生になり、考え方が変わるわけでもなく、同じ方法で対処していました。

 

先生との出会いというのもあると思うのですが、

中学の先生はとにかく優しい先生で怒らないし、授業も淡々としていました。

ただ、授業の始めに毎回英語の曲を歌うので、それのおかげで歌える歌が今でもあります。

 

高校の先生は、授業の仕方がとにかく苦手な先生でして、より英語が嫌いになりました。

関連記事:おもしろい授業の特徴<具体例あり>

 

そんな私がなぜ今、こんなにも英語が好きなのかというと、ニュージーランドへワーキングホリデーへ行ったからです。

 

高校2年半ばくらいから進路を決め始めますよね?

そのころからいろいろ学校見たりして。

そして私は3年生のときに、おもしろい職業を見つけました。

 

それが「オーペア」という仕事でした。

それは海外での仕事でした。

家に住み込みで、子供の面倒をみたり家事をするというものです。

 

そのことについてサポートしてくれる会社があって、

私は高校3年生の時、その会社の資料を取り寄せて、実際に会社にも行って、申し込みをして、卒業後ニュージーランドで働くことになりました。

 

英語はもちろん全然話せませんでした。

でも、そのオーペアという仕事がどうしてもしたかったので、挑戦しました。

 

英語の面で不安なことも会社の人に話をして、

まー、だからといって、日本人の家で働くわけではないので、

働いているうちに必要な英語は覚えるようになりました。

 

その時に、英語って嫌いだったけど、英会話って楽しいなって感じました。

 

こういう時って、こんな風に言うんだ。

英語が嫌いだった私でも、生活で使っている人たちと関わることで、嫌いだった気持ちがどんどんなくなりました。

 

でも、当時はまだまだ、英語に対して後ろ向きで、

「私は仕事をしにきたから、英語の勉強をするつもりはない」

という気持ちがあり、環境を生かして前向きに勉強したりしませんでした。

図書館へ行っては日本語の本を読んで、

土日の休みの日は日本人と絡んで、

携帯でのメールもローマ字読みで送っていました。

 

そんな中、出会った日本人の友達に影響されて、

最低限外出したときに使う英会話などは教えてもらったり、

ペラペラしゃべれる友達を見て、刺激をうけたりはしました。

 

そんなこんなで、私は仕事を終えて半年で帰国。

 

帰ってきた私は、今度はディズニーシーで働き始めました。

そこでも、まさかの英会話を使う環境が待っていました。

シーには世界中からやってきます。

キャストの中には、英語がすごくできるっていう人のほうが少なくて、私の日常会話程度の英語でも頼られることがありました。

「海外のゲストさんだけど、対応できる人?」

っていう感じで。

案内や説明をすることは大変ではないので、そう言う時は案内を担当させてもらうことも結構ありました。

 

そんな感じで日本でも英会話に触れている間に、やっぱり英会話って楽しいなっていう思いが強くなりました。嫌いだった気持ちはいつのまにやらなくなってました。

日本に帰ってきてから、英会話をする環境っていうのはほぼない。

だからこそ、ディズニーでのそういう時間は懐かしさと楽しさを感じました。

 

抵抗感がなくなってからは、私は英語がすごく好きになりました。

英語の歌もかっこいいなって聞くようになったし、意味も気になるようになりました。

英語の本にチャレンジしたりもしました。

 

アパレルで働くようになって、

こんなブログ記事を書いてたこともあった。

『おねーさんの着てる服ないの?』
今日は1時間で1人で10万円売るというミラクルがありました。。。 ほんとミラクル。今日はそのミラクルが起きる前からもお客さんが来てくれてて接客楽しかった。なの…

 

今では、好きなYouTube見て、英語に触れる時間を作ってます。

英語を好きになるかどうかっていうのは、結局環境作りなんだと思う。

自分の好きな人が英語使ってたら、英語も好きになる。

そして、自分が頑張ってしゃべった言葉が、日本語をしぇべれない人に通じた時の嬉しさ。

 

私は日本語しゃべれる人に対して英語喋るのは好きじゃないです。

だって、意味なくない?日本語でしゃべれるわけだから。

でも、日本語しゃべれない人には、どうしても英語が必要になってくる。

 

英語、私は大好きです。

 

私が最近よく見てる英語関係のYouTubeを最後に紹介しますね。

イギリスと日本のぶりっ子の違いがヤバかった!w

華音チャンネル。

かのんちゃんは日本人で、ロンドンに在住している女の子。

だから、日常の動画は日本語だけのときもあるけど、友達や店員さんと話すときは英語。

日本との文化の違いとかもたくさん紹介してくれて、そういうの知るのも楽しい。

さらには、やっぱり、オリジナル字幕が最高。

英語を丁寧に訳すことしか学校では習わないけど、実際はこんな感じだよなってうちも思う。

 

この動画も好き。

ドラマチックで内容もすごい。

【衝撃】イギリスのスターバックスで「お任せ」を注文した結果…!

こんな風に外国の店内の様子とか見るのも楽しい。

耳が英語楽しんでいるうちに、英語も好きになる。

 

 

そして、私がよく見ているチャンネルもう一つ。

矢作とアイクの英会話 #12「なぞなぞ」Riddle

矢作とアイクの英会話。

英会話のコントっていう、めっちゃおもしろいの。

楽しんでるのに、英会話も楽しめちゃう。

なんで私がこのチャンネルすごい好きかっていうと、めちゃくちゃ私自身もニュージーランドで使った英語が出てくるのよね。

そうそう、よくこれ使うよなーって。

“I got it”

なんてほぼ毎日家の子供から聞いてた言葉。

しかも、これ、使うときの場面によって、言う時のテンションが違うっていうか。

けっこう何にでも使ってた。

悲しそうにも言えるし、嬉しそうにも言える。万能。

 

Q&Aにも答えてくれる動画もあって、それもめっちゃ勉強になるの。

矢作とアイクの英会話Q&A「間をつなぐ言葉」Q&A Session

Q&Aどれ見てもめっちゃためになるよ。

ぜひ、いろいろ見てみてください。

私はためになるって言いながら、爆笑してお腹抱えながら見てます笑

 

もともと、矢作さんが好きなのもあるけどね!

 

この2つのチャンネル登録しとけば、

いつでも見れるので、

それってつまり環境を作ることの一つ。

ぜひぜひ、登録おすすめします☆彡

 

 

あとね、音楽関係だと、この方。

WELCOMEEEEEEEEE!!!!

Sungha Jung

ソンハくん。韓国人のフィンガーピッキングギタリスト。

普段はギターで弾いた音楽あげてるんだけど、YouTubeLIVEするときがあるのね。

その時、前半に曲どんどん弾いて、後半にチャットに対しておしゃべりするの。

そのおしゃべりは、英語で聞かれたことには英語で返してるん。

何話してるか気になるから、頑張って聞きとろうとするんだよね、自分が。

好きなアーティストが英語使ってるっていい。

しかも母国語韓国語やから、日本語でそのあと説明とかももちろんないし、ライブだから字幕もない。

英語の勉強ってどこからもほんとできる。

 

ギターの音色が好きな人にはおすすめなので、ぜひ登録してみてちょ!

 

こんな感じかな。

誰かの役に立つといいなぁ〜。

 

Thanks, Cathy

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました