広告

年越しの過ごし方について

年越しの過ごし方 01|豊かな暮らし

こんにちは。
一生懸命、恋愛をしてきました、キャシーです。

 

年末年始は、旦那さんとの時間をたくさん作りました。

(体調不良だったので寝ている時間は多かったけど)

特に年始は今日までブログを書く時間を作りませんでした。

年末は31日までブログ書いてたんですけどね。

それでも、ブログを書いたあとは、パソコンは閉じて一緒にテレビ見ながらカウントダウンしました(^^)

 

こんな風に過ごすようになったのにも、

いろんな経験をしてきたからだと思います。

 

「年末年始は家族と過ごしたい」

と思っています。

友達ももちろん大切な存在ではありますが、うちにとって家族が、旦那さんが何よりも大切だからです。

 

そら、キャシーに旦那さんがいるからでしょ。

という人もいるかもしれませんが、

もし結婚していなかったら、多分実家の家族と過ごしていたと思います。

うちにとって、年末年始は「家族と過ごす時間」です。

 

22歳くらいの時、

当時付き合っていた相手と、イベントごとを過ごしたいと思ってもなかなかうまくいかない人でした。

年末年始もそうでした。

同級生と毎年やっている集まりがあるから、そっちで年越しをするって言われて、かなり腹たってましたし、ショックでした。

はぁ?いっつもそうじゃん。。。

1回でもいいから一緒に年越ししてみたいのになー。

 

そんなうちは、年越し何をしていたかというと、居酒屋でバイトしてました。

朝4時までやっているお店だったので、大晦日も人いっぱい。

日付が変わった瞬間、スタッフのみんなと

「明けましておめでとう〜、今年もよろしく〜」

って乾杯してお祝いしてました。

 

その時に思ったんですよね。

なんか、どうでもいい人に、一番最初に「今年もよろしく」っていうのって、なんなんだろう。

もっとよろしくする相手いるんじゃね?

彼氏と時間取れなかったからって、バイト入れるんじゃなかった〜。

だったら、家族に最初に言いたかったなー。

と、かなりむなしい年明けをしたことがありました。

 

いや、いいんですよ。

仕事先で年越しをしても。

でも、その時のうちは、ただ単にお金が欲しくてバイトしていただけの気持ちで働いてたんです。

だから、めちゃくちゃその仕事に誇りを持っていたわけでも、メンバーを尊敬していたわけでもなかったんです。

そういう場所で年越しを過ごすのはどうかなと思います。

 

アパレルで働いているときは年末年始働いていたこともありました。

その時のうちは、尊敬している店長のもとで、頑張って働いていたのでそういう場所での年明けだったらいいなーとも思います。

(年を超える瞬間は、家にいましたが)

 

「今年もよろしく」

って最初に言いたい人は誰ですか?

と考えてみて、すぐに頭に浮かぶ人。

その人と、年末は過ごして、年明けを待つ。

そして、明けた瞬間に、最初の「今年もよろしくお願いします」を言いましょうよ。

 

どうでもいい人に、とっておきの「今年もよろしく」言ってどうするんでしょうか。

 

うちは、22歳のその時から、

家族と過ごす年末を選んできました。

うちが「今年もよろしく」って最初に言いたい相手だから。

いつもうちがお世話になっている相手だから。

その人がいてくれて、支えてくれて、一緒に生きてくれているから、楽しい毎日がある。

だから、最初に言いたい。

 

彼氏?

彼氏はもちろん大好きでしたけど、一番の「今年もよろしく」を伝えたい相手ではないかな、って思ってました。

だって、やっぱり、関わる時間は家族の方が断然長いからね。

彼氏より100倍世話になってるからね。

彼氏はその次かな。

ま、どのみち、うちの付き合っていた人はそういうイベントを重視してくれる人ではなかったので、無理やったけどね(苦笑)

 

というわけで、今年最初に「よろしく」を伝えた相手は、旦那さんでした。

この先もずっとずっとそれは変えることはないと思います。

うちが一番大切にしたい人に、一番うちを大切にしてくれている人に。

 

年越し誰と過ごしましたか?

 

うちの考え方、年始から書いてみました。

22歳の頃のむなしい年越しを経験したおかげで今があります。

全てのことに感謝。

ありがとう。

 

Thanks, Cathy

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました