広告

年賀状は書かなくちゃいけないものではない。

年賀状 2019 種類 01|豊かな暮らし

こんにちは。
やることがおそいで有名です、キャシーです。
でもやりたいこと遅くてもやってるんだからよくない?って思ってます、キャシーです。

 

昨日から、旦那さんと2人で年賀状書いてます。

めっちゃ楽しいです。

 

年賀状って「書かなくちゃいけないもの」っていう認識が強い人が多いな〜って感じてます。

 

だからSNS、メールなどで、

「今年はこちらで失礼します」

的なことを発信する人がいるんだろうなーって。

 

別に年賀状は書かなくちゃいけないものではない。

ってうちは思います。

 

でも、うちは、

昨日お風呂に入りながら年賀状っていいよな〜って考えてました。

 

年賀状って、年末に書くじゃないですか。

つまりですよ、今年1年振り返って相手のことを思い浮かべながら書くんです。

それに、来年も元気でいてほしいなとか、相手の来年を願う時間でもあるんです。

生きていて、大切な人のことを考える時間って、意外とあんまりないんですよね。

だから、そういう時間をとるってめっちゃ素敵だと思う。

まとめての発信ではなく、一人一人と向き合う。

 

そして、年賀状って、年始に届くじゃないですか。

その年の最初にもらうお手紙なんですよね。

 

「手作りは宇宙に繋がっている」

っていううちの大好きな言葉があるんです。

 

年賀状は手書きで書いてます。

手がかかるほど、愛と時間をかけています。

そういうものって、めっちゃエネルギーが高いんです。

 

それを年のはじめに受け取る。

最高のプレゼントじゃないですか。

 

しかも、年賀状っていうのは、相手のフルネームを書きます。

それもうちは素敵なことだと思うの。

相手の名前を手書きで書く時って、めっちゃ緊張しませんか?

うちは、間違えないように、よく確認しながら書きます。

だから、もちろん疲れますしね。

でも、名前っていうのは、その人の「芯」だと感じています。

生まれる前に、自分で決めてきた名前。

そのメッセージ(名前)を心を込めて書く。

それって、相手のことを想う、最上級の時間だと思います。

 

別に元旦に届かなくてもいいんですよ。

いや、そりゃ元旦に届く方がいいけども。

でも、やらないでいるよりは、遅くてもやったほうがいいじゃん、って思います。

 

年の終わりに相手のことを想う。

年の始めにそのエネルギーが届く。

 

最高じゃないですか。

 

書かなくちゃいけないものとして書くのなら、書かないほうがいい。

そんなもの、なんのエネルギーもなくなっちゃう。

 

あぁ、あの人に年賀状書きたいな。

そう思う人は、12月31日までまだ時間はあります♪

年の終わりをぽっかぽかな気持ちにしましょ〜。

 

今年ももう少しですね、

まだまだブログ書いていきます(^^)

 

Thanks, Cathy

 

 

追伸

郵便局の回し者ではありません(笑)

最寄りの郵便局の人の対応が素敵すぎて、今年はそこで年賀状買いました。

SNSでご挨拶する人も別に構わないと思ってますが、だったら「こちらで失礼します」っていうのはいらなくない?ってめちゃ思ってます。

失礼なことをされるというのは気分がよくなることなんでしょうか?

だったら、心を込めて年賀状を書けばいいのにな〜と。

SNSが楽しくてそれで発信するのは楽しいことです。

だったら、そこで十分に楽しめばいいし、失礼でもなんでもないと思います。

 

ただ、うちは「手」を通すことがとても好きです。

だから、年賀状は、ネット社会になった今でも続けています。

相手から返信が来ないこともありますが、それは別に構いません。

自分がしたくてしているので、相手にそれを求めていません。

ただ、もらったら、もちろんめちゃくちゃ嬉しいです。

大切な人からの年賀はがきは、もう、年明け最高のプレゼントです。

 

年賀状って、つまり「きっかけ」でもあるんですよね。

いつも忘れていることを思い出させてくれる時間でもあります。

 

紙には神様が宿ってる。

おかんの言葉ですけど、結構好き。

ま、そんなおかんは、年賀状書かない派なんですけどね(笑)

でも、いいの。

神様が宿っている年賀状、今日も楽しく書きま〜す♪

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました