現在、画像が消えているところを復旧中です。

【スターダスト-ピアノソロ-】

【スターダスト-ピアノソロ-】

こんにちは。
みなさん元気ですか、キャシーです。

 

週末なので、ピアノ曲をYouTubeにあげました。

 

昨日の夜にアップしたので、チャンネル登録してくれている人は先に聞いたかもしれません。

そんな人、どうもありがとう。

 

この曲は、うちの中で特別な曲なんです。

うちが、初めて作ったピアノ曲です。

 

2014年7月16日。

埼玉で作りました。

計算したら、28歳でした。

 

人生の中でいろいろあると思います、人それぞ。

うちは帰る前、1ヶ月間くらい、宮崎のやっちゃんちに住まわせてもらっていました。

 

そのあと、実家に帰ってピアノの前に座ると、曲が作りたくなりました。

よく言われる「曲が降ってくる」というやつでもあるんだけど、

うちの中では、降ってくるというよりも「溢れ出る」という感じでした。

 

宮崎を離れるのは、正直イヤでした。

ロミー、まゆりん、やっちゃんという3人の友達から離れるのが一番嫌だったと思う。

それに、フットサルのこともかなりひきずっていた。

 

宮崎はうちにとってのホームだった。

 

いろんな感謝の気持ちが溢れ出てできあがった曲だった。

 

ギターを始めたのは18歳で、曲を作ったのは19歳。

ピアノは4歳からやっている。

でも、この日までピアノで曲を作ることはなかった。

 

こんな素敵な曲を自分が作れることも知らなかった。

自分ですごく驚いた。

すごいじゃん、いいじゃん、うち。って。

 

曲ができあがったときには「スターダスト」というタイトルにしよう。

なぜだかわからないけど、そう思った。

 

その時に、世に出ているピアノ曲にタイトルがあることが納得できた。

できあがると、付けられるんだなって。

理由も何もないんだ。

その名前がつくことが当たり前のように、生まれてくるんだ。

 

うちのYouTubeには、ピアノ曲で最初にあげてあるのが「新世界」という曲。

でも、それが最初に作った曲ではない。

 

新世界もなんだけど、

スターダスト、この曲も、スコアもメモもなんにもない。

ただ、作ったものを録音してある状態のまま。

それでも、ピアノに向かえば、スターダストは弾くことができます。

(最近ピアノ弾いてないから、どうかわからんけど)

 

ピアノでの作曲は、うちにとって「癒し」だなー。

とこれを書きながら今思います。

作ることで、その音を聞いて、自分の中のなにかが溶けていく。

 

ギターでの作曲は歌であって、

自分の指針を作っているようなもの。

 

どちらも自分が作っている音楽だけど、うちにとっての影響は大きく違う。

 

アップしたスターダストの音楽を聞きながらこれ書いてます。

なぜだか、目頭が熱くなります。

 

うちの全てを受け止めてくれる。

それがピアノ。

 

どうもありがとう。

 

Thanks, Cathy

 

追伸

自分がピアノの曲を作れるんだと知った瞬間は、本当に感動ものでした。

自分の力を知る瞬間、それは喜びという言葉では表現できない、素晴らしい経験だと思います。

これを読んでくれている人が、そんな経験をしていたらいいなーと思うし、

まだしていない人がたら、生きている間にその感覚を経験できるといいなーって願っています。

 

あ、ちなみに、知っている人は知っている「キャシーのCDだけどラジオ」のBGMに使っていました。

CDだけどラジオの活動も、また始めています。

好きなことは続けます。

途中でやめでもいい、また始めればいいだけ。