現在、画像が消えているところを復旧中です。

ペグが回らない!?空回り!?ギターのペグ交換は意外と簡単!

ペグが回らない!?空回り!?ギターのペグ交換は意外と簡単!

こんにちは。
ギターが大好きです、キャシーです。

 

先日、ギターのペグを自分たちで取り替えたので、その時のことを書いておきます。

 

状況

弦を張り替えるときに、2弦のペグが途中で固くなって動かなくなりました。

少し力を入れて回すと、回るようにはなったけど、空回りしています。

(ペグを回しても、弦を付けている突起部分が動かない)

 

え?ペグ壊れた?

ということで、とりあえず、外してみることにしました。

 

ちなみに、このギターは14年使っていて、ペグ交換は一度もしていません。

 

ペグの外し方

ギター ペグ 交換 セルフ

裏の留めているネジを外します。

(写真は外してしまったあとです、すみません)

 

ギター ペグ 交換 自分

表の六角ボルトを外します。

 

裏と、表、どっちからやっても問題はないので、ご自由に。

 

上記2箇所のネジを外すと、ペグが外れます。

ギター ペグ 交換

ペグを外したときに、小さい部品達が落ちるかもしれないので、わかるように置いといてください。

(壊れていなかった場合、もう一度使うから)

 

壊れているのか?確認する

そもそも、ペグが回らなくなったのは、壊れているからなのか?

ということで、外したペグを見ましょう。

ギター ペグ 交換

めちゃくちゃ汚い〜〜〜。

 

「あ、これ汚れてるから回らなかったのか!!」

って思って、掃除し始めたんですよ。

 

でも、これ、壊れてるんですよ。

掃除したって意味なかったんです。

 

なので、まずは、ペグが壊れているかどうかを確認しましょう。

 

壊れていたらペグ交換。

壊れていなければキレイにしましょ。

(掃除方法は、最後にのせてます)

 

といっても、ペグなんて外したことないから、通常のペグがどういうものなのかわからない。

これが壊れているとかどうかを確認するためには、壊れていないペグの状況を見ないと。

 

というわけで、もう一つ壊れていないペグを外して比べているのが一番早いと思います。

 

うちが使っているペグは本来、

ギター ペグ 交換

こういう状態なんですよ。

 

で、おかしかったペグが、

ギター ペグ 交換

この状態だったんですね。

 

わかりますかね?

中央部分が壊れちゃってるんですよね。

 

これを見比べたときは、ああ、もうこんなとこ壊れてたら直せない。

取り替えるしかないな。

とすぐにわかりました。

 

 

なぜ、ペグが壊れたかというと、

 

ギター ペグ 交換 自分

こういうことなんですよ。

わかりますかね?

 

弦が引っ張る力って、そうとうペグに負担がかかっているんだということが、今回ペグを外してみてわかったことでした。

 

太い弦ほど、この引っ張る力が強いらしいので、ペグへの負担も増えます。

こうやって知っていくと、ペグって消耗品だったんだーと改めて知り、納得することができました。

 

 

新品のペグ

6弦、5弦、1弦を張っていた状態だったんですが、

その状態のままギターケースに閉まって、

新しいペグをネットで注文しました。

 

ペグって、バラ売りしていなくて、セット売りだけなんですねー。

 

2日後に届きました。

ギター ペグ 交換

ARIA/ AT-240G

というペグを購入しました。

こちらのお店を利用しました。

▶︎▶︎▶︎サウンドハウス

 

Amazonと楽天でも売ってるので、一応参考までに。

 

サウンドハウスさんでは、1566円で送料込みだったので、旦那さんが探してくれた中では一番安かったので、そちらで購入しました。

(※サウンドハウスさんは、Amazonや楽天市場に出店していません)2018年11月14日現在

 

 

ギター ペグ 交換

めちゃくちゃキレイ〜〜〜〜。

(新品だから当たり前なんだけど)

 

ペグには向きがあるので、どの穴に、どれでも入れられるわけではありません。

右半分と左半分でわかれてますね。

 

一応、同じ場所のペグを選んで付け替えました。

 

ギター ペグ 交換

(2弦が付け替えたペグです)

 

付け方は、外し方と一緒です。

ただ、付ければいいだけです。

はっきり言って、ちょー簡単です。

こんなに簡単だったのかと、二人でびっくりしました。

 

※ペグには種類があるので、同じメーカーのものや、同じモデルのものを購入するとすぐにつけられます。

値段だけで選んでしまうと、新たにネジ穴をあけたり、ペグの穴を削る作業が出てきます。

なので、自分で交換する人は、同じ種類のペグを購入することをおすすめします。

 

うちは、今回Ariaのギターだったので、Ariaのペグを購入しました。

 

 

自分でメンテナンスするということについて

うちにはギターが7本あります。

(旦那さんとうちの分を合わせて)

 

うちは旦那さんと暮らすまで、自分でギターをメンテナンスすることはありませんでした。

 

でも、一緒に暮らすようになって、ギターの弦を綺麗に張り替えたり、しっかりケースにしまったり、ボディを拭いたりしている旦那さんを見るようになりました。

うちの弦もこまめに変えてもらってるんですけど、弦がさびている音がわかるようになりました。

 

今は、夫婦で、今持っているギター7本のメンテナンスを自分たちでできるようしよう。

といろいろチャレンジしています。

 

その中で、今回のペグの事件でした。

 

壊れてるペグを時間をかけて掃除までしていて、終わったあとに壊れてたことを知ったりと、時間がかかりました。

でも、そうやって一つ一つ自分でやると、よほどの損傷がない限り、一生ギターを自分の手で治していけるようになります。

 

ペグをいじってしまうと、音色が変わってしまう。

といわれている情報も知ってます。

ですが、かなり耳がこえた人でないと、そんな違いには気づきません。

 

むしろ、自分でメンテナンスすることによって、

ギターが少しおかしくなってきた状態で気づくようになります。

 

「壊れる前」に自分で気づくようになるので、ギターにとってもそのほうが優しいです。

 

1つのことができるようになれば、7本分のギターを自分で大切にできます。

これって、めちゃくちゃ大きいことです。

 

 

まとめ

ギター ペグ 交換

今回ペグを自分たちで取り替えてみた感想は、

めちゃくちゃ簡単

だということです。

 

ただ、

 

・六角ボルトをしめるときに、木に対してめりこむまで締めないように!

・ペグを買うときは、型の種類があるので、よく調べて買うこと!

 

ここだけは気をつけたほうがいいかな。

でも、ほんとそれくらい。

ちょー簡単だよ。

 

まー、ギターのペグの種類にもよると思いますけどね。

外す→確認→同じ型のペグを買う→付ける

 

そして、やってみて思ったもう一つのこと。

1つのペグが消耗しているということは、他のペグだって消耗してるはず。

だから、全部取り替えようってことになりました。

途中書きましたが、今回は弦を張っている途中でペグ交換したので、次の弦交換で他5つのペグも全部取り替えます。

 

あぁ、だからセット売りしかないんだな。

と改めてそういうことも納得できました。

 

チューニングしているときに「ピキッ」って弦がなり始めていたら、それはペグが消耗している証です。

ペグが壊れるまえに、新しいペグに取りかえてあげてください。

 

自分が使っているギター、愛をもって可愛がっていきましょ。

 

Thanks, Cathy

 

 

最後に、ペグの掃除について。

ペグの掃除だけをしたい!という方は、参考にどうぞ。

 

ネットで調べたところ、「超音波洗浄」が有力情報でした。

ですが、うちにはありません。

最初はウエットティッシュ、つまようじ、綿棒を使って掃除しました。

結構キレイにはなったけど、完全には無理。

 

ご法度かもしれないけど、このままペグが回らないよりはいい!

と思って、お湯で洗浄してみました。

そしたら、もうほとんどキレイになりました。

 

そのあと、ドライヤーをあてて完全に乾燥させました。

 

 

最後の最後に〜!

以前、弦をニッパーなしで取り替える方法も書いたので、ぜひそちらも読んでください(^^)

旅先で便利です♪

 

もうひとつ、こちらもオススメ記事です(^^)

 

 



アコースティックギターなら石橋楽器店!