広告

「ありふれた日々がアイ色に染まってく」アイ/秦基博

アイ/秦基博 歌詞 好きな音楽

ありふれた日々が
アイ色に染まってく

アイ/秦基博
歌詞:秦基博

歌詞全部▶︎▶︎▶︎ギターコードのページ

 

ありふれた日々が、アイ色に染まってく。

すごくわかる。

なんてことない日が、その人と一緒にいるだけで、感じ深い日々になるって。

そうだなー、もっといえば、自分自身が変われば、ありふれた日々は変わるよね。

「日々」は変わらないのに、不思議。

 

この歌詞の好きなところは、アイ色に変わってくではなく「染まってく」というのがまたポイントだなーって思う。

染まっていくって、なんか今の季節みたいっていうか、季節が移り変わるのに似ている。

 

秦くんの声を初めて聞いたのは、所属のフェスでした。

ほとんどの人が彼を知らず、フェスのお客さんは、トイレ休憩としてぞろぞろと歩いていたんですが、彼の声を聞いて席に戻る人が多数いました。目で流れを確認できるくらいの人たちが席に戻りました。

うちもその一人でした。

そこからすごく好きになって、CDも購入するように。

今では、映画主題歌を歌っていたり、所属事務所をひっぱっている存在になっています。

 

好きになったころは、秦くん歌詞はあまり好きではありませんでした。

変わってるなーって、よく理解できませんでした。

だけど、やはりその声がとにかく好きで、よく聞いていました。

 

この曲あたりかな。

「アイ」を聞くようになってから、歌詞めっちゃいいじゃん!!

思うようになった。

なんという歌詞を書くんだろうって。

 

この曲で歌詞を好きになってから、それまで発売してきた曲も改めて歌詞を読むと、なんだか深いものを感じるようになり、今ではどの曲の歌詞もすごく好きです。

 

アイ/秦基博 歌詞

今日は、別の感じでも、もう一つ作品にしてみました。

歌詞のイメージのカラーで丸くパステルで描いて、ボールペンで歌詞を書くだけ。

 

「アイ」の歌詞で他に好きな部分は、

「目に見えないから アイなんて信じない」

「そうやって自分をごまかしてきたんだよ」

「その手に触れて 心に触れて ただの一秒が永遠よりながくなる魔法みたい」

「ひとつ欠けたままの僕のハートが」

「ただ いとしくて だけど怖くて」

「瞳閉じてもまだ伝わる温もりが」

「僕のハートに今 じんわりあふれる」

 

うちの世界も、たくさんの人がアイ色に染めてくれた。

一人一人の出会いに感謝しています。

出逢ってくれて、どうもありがとう。

 

Thanks, Cathy

 

追伸

この曲は、このアルバムに入ってるのが好き。

「アイ」が発売されたときは、iTuneで1曲だけ購入したんだけど、後日発売されたこのアルバムの弾き語りverのやつのほうが、めちゃ好きでよく聞きます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[送料無料] 秦基博 / evergreen [CD]
価格:3500円(税込、送料無料) (2018/10/6時点)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました