広告

オリンピックの開会式が好きになった理由

01|豊かな暮らし
01|豊かな暮らし

こんばんは。
オリンピックの開会式の観覧が好きなキャシーです。

 

今日は、なぜうちがオリンピックの開会式を好きになったのか、オリンピックの開会式の魅力などを書きます( ..)φカキカキ

 

選手入場がとにかく盛り上がる!!

うちが、何故、開会式を観覧するようになったのか。。。

それは、21才の時でした。

 

ニュージーランドから帰ってきて、2年。

日本で、ニュージーランドで仲の良かった友達に会うことになりました。

10個以上年の離れた二人の人と会うことに。

一人は、女性。もう一人は男性。

帰ってきてからも会うくらいなので、かなりお世話になった二人でした。

 

そんな二人と会う約束をしたとき、女性の方が、

「せっかくオリンピックの開会式あるから、外で会うんじゃなくて、家でみんなで見ようよ!」

と、言いました。

 

うちは、なんの興味もなかったので、

「???」

という気持ちはありましたが、別にどこかに行きたい訳でもなく、二人に会えればそれで良かったので、その話にのることにしました。

 

そして、その当日。

 

「うち、オリンピックの開会式見るの、初めてなんですよね〜」

と言ったら、その女性は、

「え!?そうなの!?すごいいいよー!!」

と、びっくりした感じだったのと、興奮しているという感じが伝わってきました。

 

オリンピックに出場する国は、全ての国ではないことをその時、教えてもらいました。

オリンピックに出場している国でも、内戦している国もあったり、お金がもらえるから出ている国もある。

宗教や貧困、いろんなことがある中で、参加しているところも多いんだって。出場することが、どれだけの避難を浴びるかとか、英雄になれるんだとか。

選手入場の時に、その国の背景を知ることもできたり、民族衣装を着るところもあるので、文化に触れることもできる。

教えてくれたその女性は、選手入場の時が最も好きだと話してくれた。

こういった内容のことを思うと、感動するとのことだった。

 

それに、いろんな国の男の人を見て、カッコイイとか、素敵〜とか、そういう話もしてた 笑

 

日本の選手が出てきたときは、もちろん盛り上がった!

さらに、3人の出会ったニュージーランドの選手が出てきたときも、盛り上がりました♡

 

出場人数も国によって、全然違った。

なんの知識もなかったうちは、全世界の国が参加していて、日本のようにたくさんの人が出場しているんだと思っていた。

まさか、出場選手が一人の国があるだなんて、知らなかった。

選手入場のシーンは、出場国が多いほど、長い。

だけど、見ていても全然飽きない。

3人で一緒に見ていて、その国に関する話を色々して、楽しかった。

 

 

文化を学べるエンターテイメント


出典:IOC-International Olympic Committee

この写真は、今日(2018年平昌オリンピック)の写真です。

公式サイトには、ギャラリーもあって、この他にも綺麗な写真をたくさん見ることができます!ぜひ、見てください♪

IOC-International Olympic Committee

→https://www.olympic.org/

 

もう一つ教えてもらったのが、

開会式のエンターテイメントの素晴らしさ。

 

技術的にも、見て楽しめるように、いろんなことをしてくれている。

そのプロデューサーなども、冒頭で説明される。

その国の中でかなり有名な人であることがほとんど。その人の作る世界を見れるのも、楽しみの一つ。

 

そして、開催国の歴史や文化を知れる。

開会式では、その国がどんな文化なのかを表現している。

だから、見ていて異文化に触れることができる。

 

自分の知らない世界。

 

歌を歌うシーンでは、開催国の有名人が出てくるので、盛り上がる。

他国でも、自分の知っている人が出たりすると、めちゃくちゃ嬉しいヽ(*゚∀゚)ノ

 

2012年のロンドンオリンピックの時は、ポール・マッカートニーが出てきたのが、すごく印象的だった〜。

というか、ロンドンオリンピックの開会式は、すごい印象に残ってる。

自分がイギリスの文化が好きなんだろうな〜。

 

 

東京2020オリンピック

楽しみでしょうがない。

開会式、どんな風になるんだろう。

 

今まで、日本で開催された夏季オリンピックを見たことがない。

1964年に開催された時は、うちは3歳。

長野オリンピックはかすかに記憶はあるが、きちんと見た記憶はない。

今回、まともに見るのは初めてになる。

 

競技はもちろんだけど、

何よりも、開会式が楽しみだ。

 

オリンピックの開会式を教えてくれた人は、今のうちと同じくらいの年齢だった。

今日の平昌オリンピック開会式は、旦那さんと二人で見ました。

うちも、自分の周りの人にとって、教えてくれた人のようであれたらいいなと思って、今日のブログを書きました。

 

2020年夏、楽しみです。

 

Thanks, Cathy

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました